どちら様も除雪作業、お疲れ様です。 

新潟県内の皆様、続く除雪作業お疲れ様です。

本日の晴れ間、私も弊社周りのプレハブ倉庫2棟の雪下ろしをいたしました。
・・・いささか溜めこみすぎましたね~。
腰いってっ。

スキー場のコンディションは最高なんですけどね。
あまりに豪雪被害のTV・情報ばかりで、皆様警戒して来ないとか・・・
新潟県湯沢~魚沼あたりは、本当に除雪作業の皆様が素敵な活躍をされますので、問題ございませんのよ!!
是非、遊びに来て下さいませ~。

さて、来週は東京に出ます。
しばらく、都内~千葉辺りに出没予定でございます。

皆様、ご自愛くださいませ~。

新潟県、なかなかとでかいのです。 

只今2月6日11:00であります。
魚沼市、晴天に恵まれております!
昨夜~今朝にかけては結構雪が降り積もり、+30cm位かな?
現在積雪2m30cm位かな??

先ほど、Y運送会社さんのドライバーさんが来社しておっしゃいます。
「本日、集荷時間を15:00~16:00位でお願いいたします。」
『それは構わんけど、なんで?』
「ターミナルの長岡市が大雪で、大変なんです!」
『えっ、そうなの・・・』

確かに、JRの在来線は動いてないようですね。

今日、新潟市まで出かけなければならないのに・・・新幹線往復決定!
ノンアルコール決定(涙)!?

新潟市も降ってるんかなぁ???


第30回国際雪合戦大会 & 広神東小学校3年生、いらしゃ~い。 

IMG_20180204_083426 (362x640)
昨日は、毎年恒例の冬の一大イベント【第30回国際雪合戦大会】でございました。
毎年、「うまいもんストリート」に出展させていただいておるのですが、今年はちょっくら様相が変わりまして。
出場者全員に参加賞として「お茶碗」が配布されて、『魚沼コシヒカリ食べ放題!!』です。
ですので、私どもにも「おかず」を販売して下さい!との要請ありで。

もちろん喜んで応えましたとも!!

『大力納豆のきりざい』の登場です!
150食程度は準備したのですが、あっという間で12時前に売り切れてしまいました(汗)
BSN「水曜見ないと」の取材でご来場の伊勢みずほさんも来てください、きりざい食ってくれました!
みずほさんの「美味しい!」いただきましたぁ。
お綺麗でした♪

販売の方も例年通り大好評でありました!!
本当にありがとうございます。

ゆのたに小学校の3年生の子が「この間、見学させていただきました!きりざい大好きです!!」っときりざいのお買い上げをいただきました。

明けて本日は、地元の広神東小学校3年生34名様、ご来社~!
IMG_20180205_094004 (362x640)
元気の良い、可愛らしい子どもたちに納豆の事・弊社の事含めてお話させていただきました。
ありがとね!楽しかったいや!!また来ての!!!

恵方巻き需要か? 

P1020844 (480x640)

数年前から、節分の時には『ひきわり納豆』が売れます!

関西から来た風習「恵方巻き」のお陰さまかと♪

節分の日は、『納豆巻き!』を恵方に向いて食べましょう!!

企業としての姿勢 

ある企業の方が、弊社納豆をお買い上げいただき、お電話をくださいました!
有難うございます。

「御社の納豆を購入させていただき、食べたら美味しくて!是非私どもとコラボ出来ないか!?」というお問い合わせでございました。
有難いです、こういうワクワクするような御誘いは大歓迎です!
その会社の情報を知り得ようとネット検索すると商品造りに対しこんな事な書かれてました。

「新商品開発のモニターはお子様方である!」っと。
「子供が一番味に敏感だから、子供が喜ぶものを作るのだ!」っと

感銘を受けましたし、同感!!っと。

私も何かがあると自分の家族に試食をしてもらいます。
納豆のたれの試作であったり、過去においては弊社「納豆ふりかけ」の試作段階であったり。
自分の子供が『美味しい!』っと言うまで造り込みます。

私も含む大人は、自分達が稼いだお金で食品を購入いたします。
ですので、万が一購入した食品が口に合わずとも「勿体無い」から食べます!
でも、子供は美味しいと感じないものは食べません!自分で購入しても居ないし、稼いでも居ないから。
それは当たり前と思います。

ですので、子供の口・舌が一番正直と信じております。

私が入社したての若かりし頃に、当時の社長(母)に申し上げた事があります。
『社長、学校給食ってなんでこんなに儲からないの?
儲からない仕事は止めましょう!!』っと。

烈火の如くお叱りをいただきました!!

「何にも解りもしないお前は黙ってろ!
じゃぁ、子供たちに、地元の小学生・中学生に大力納豆じゃない納豆を食わすのか!
学校給食は、栄養士さんだって使える金額が決まってるんだ!それで、うちが儲けを考えて出した値段で合わなければ、他所の安い納豆を使用される、他所の不味い納豆を使われる、値段だけで。
でも、学校給食を食べてる子どもたちは、出されたものを食べるしか選択枠が無いんだよ。
例え不味くても出されたものを食べるしかないんだよ!
で、他所の不味い納豆を地元の子供に食べさせて、納豆嫌いの子供を増やすんかい!!
だから、学校給食だけは損しても取る!地元の子供たちの為に!!」っと。

これが、当時の社長が先代から言われて受け継いできた事だとその時に知らされました。
私も、若き自分を恥じ、この精神は受け継いでいかねばならない!!っと今も尚考えております。

いただきましたお電話の先様の精神をネットで拝読しながらもう一度自分自身の確認の為にblogに書いてみました。

ですので、小学生も中学生も工場見学大歓迎しております。
中に「納豆嫌い」の子供がいたらファイト湧きます!!なんとか納豆好きにしてやろうと。

「納豆嫌い」寄ってこい!!
納豆屋の親父と話してみようぜ!

(長々と失礼しました!たまには真面目な内容でした。)