小杉社長、有難うございました。 

昨日、地元に無くてはならないスーパーマーケット・サカキヤ様の小杉社長の葬儀告別式に参列させていただいた。
55歳という若さの逝去で何とも悲しくやり切れない思いでいっぱいである(涙)

地元密着型スーパーで、ここでなくては買い物が出来ない方々はたくさんいらっしゃる!


昨日のブログにも書いたのだが、昨年の同日会長が亡くなられて・・・よもや1年後の同日に社長さんが亡くなられてしまうとはどういった事でしょう。
ご家族の悲しみは計り知れないものがあります。

どこの葬式もそうなのだが、順番の違う(親より先に子供が亡くなる)葬儀は本当に嫌である。
特に最近は、若いまだまだこれから!って人の葬儀に出会う機会が多く切ない。

さすがに人望のある方でしたので、出棺の際の野辺送りの人の多かった事、さすがでありました。
その際の喪主を勤められた奥様のお言葉も一言一言胸に刺さる!
でも、あれだけきちんと御礼の言葉をのべられて居て立派でありました。

新商品は、必ず真っ先に見て頂き、ご感想を頂いた有難い助言者でありました。
また、弊社に対しては特別な思い入れを持っていただき、接してくださった。
食品衛生協会で、色々とご一緒させていただいた。

でも、まだまだご一緒させていただき、飲むチャンスは無限にあると信じておりました。

一昨年、2月のスーパーマーケットトレードショーの際に「これから大学生の息子とかみさんと飲むんだけど、一緒に飲まないか?」っと偶然お会いしたホテルのフロントで誘って頂くも、ご家族水入らずの食事の席に私なんぞと遠慮をさせて頂いた・・・悔やまれる・・・
ずうずうしくもご一緒させていただくべきでした。

まだまだ一緒に飲みたかったのに。

心よりご冥福をお祈り申し上げます。

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://dairikinatto.blog22.fc2.com/tb.php/947-269e7749