Everyday Low Price 

今日の新聞・テレビ等の報道で【 Dエーさん、Sユーさんや他大手スーパーさんが Everyday Low Price 】を宣言されたようですね・・・

これってお客様にとっては『あらっ、うれしい!』っと映るのでしょうか。

新聞には、「広告費や人件費を削ってそこの削減された分を価格に反映する!」って出てましたね。
これって、「Dエーさんたら素晴らしいわ!」「Sユーさんって経営努力されてて凄いわね!」でしょうかね。

私的には危機を感じております、大いに!

私、この言葉 大っ嫌いであります!

誰もお客様相手に高く売ってたくさん儲けよう!?なんて思ってませんよ、今時。
毎日安くできるんならそれはそのお店の営業努力の上の「定価」では無いのでしょうか?
それをお客さんが指示したならば必然とお客様は集まります!

これを報道する事に嘘くささを感じます。
…って思うのは穿った見方かもしれません。

恐らく、今後この言葉を報道に乗せたが為に卸業者、曳いてはメーカーにさらなる値下げを求めてくるでしょう。
「うちが社を挙げて宣言したのだから、納品業者さん方も従ってもらわないと困ります!無理ならば仕方ありません、うちに従えないのであれば・・・」なんて、言われちゃうのでしょう。
(ここまではっきりとは絶対に言いませんよ!暗に匂わす程度ですが。)

これ以上のデフレを大手スーパーさんが牽引してどうするのでしょうか?
今の納豆はじめ、尋常でない価格帯の商品のさらなる値下げを強要されるのでしょうか?
(言葉が過激ですみません)

あるでっかいスーパーのバイヤーに言われた事があります。
「お宅の納豆って儲かりませんよね~。 うちにとって納豆って商材は儲け幅の大きい商材なんですよね~~。 もう少し安くなりませんかね。」って。
もちろん、断りましたよ!今でも厳しいのにこれ以上利幅を取られるなんて。

うちも過去10年以上値上げをさせて頂いておりません。
まぁ、値上げをお願いできる現状ではありませんので、社内経費の削減で何とか耐え凌いでるって状況で。
10年前はこんな事は言われませんでした。
「納豆は儲け幅の大きい商材だ!」
「お宅の納豆は儲からない!」
「大力さん、納豆の売価で3ケタはあり得ませんよ!」
「お宅の納豆は高級ですよね~。」

・・・こんな言葉の数々。

愚痴っても仕方ない事かもしれませんけど、またまた大手スーパーさんに力を持ってしてやられた感を感じております。

こんな事に業界全体として屈しない様に大手メーカーさんに頑張って頂きたいですね。
もちろん弊社は頑として頑固に現状維持を目指します!
今だって十分すぎる位業界全体が苦しいんだから。
納豆はあの値段でも儲かってるってお客様に勘違いさせちゃってるんだから。
3P=98円でも高いって言われちゃうんだから。

頑張れ!納豆業界!!
頑張ろうぜ!納豆屋さん達!!

スポンサーサイト

コメント

全くもってそのとおり

Facebookでも話題になっていますが、デフレ傾向は国の弱体化につながることは明白で、それを助長しようとしている企業に明日はない。消費者にとってはとてもうれしく、家計のために頑張っているようにおもわれがちですが、裏を返せば、いずれ自分のところにしっぺ返しがやってくるのです。ドラッカーの経営論にも同じ趣旨の事が書かれています。食品業界の大変さもよくわかりますが、他の業種でもその傾向が強くなりつつあり、ぼくの関連している職種でも問題になりつつあります。世界経済が混乱し、ギリシャの債務問題にいたっては、対岸の火事ではなく、すぐにアジア・日本に飛び火してきます。そんな中でのあの報道は問題視されなければいけないと思っています。ぼくたち小さな企業でも、少しでも安定した経済にしていかなければと感じています。                                                     納豆は日本にとって大事な食文化です。ぼくは毎日食べています。おかげで、家族の中で風邪をひいても重症化はしません。                                             また、同じ販売業にたずさわっていますので、家内に安売りの時に納豆は買わないようにと言っています。適正価格のときに購入しております。なにが正しいのか、わかりませんが、今回の大手スーパーの販売戦略は納得できかねるところです。 訳の分らない書き込みをしてしまい申し訳ありませんでした。

>粗野さま

本当におっしゃる通りです!
大手流通が自分に都合の宜しい単語を並べ立てただけの事…
しかし、悔しいかな一般の方々は報道に踊らされる。
悲しい現実ですね!

だから、せめて自分と家族・周りの人間位は正しい判断がしてもらえる様に努力します。

貴重なご意見、有り難うございました。

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://dairikinatto.blog22.fc2.com/tb.php/810-4b5d7fbf