FC2ブログ

【第15回納豆健康学セミナー】 

昨日、筑波大学阿佐ヶ谷キャンパスをお借りして【第15回納豆健康学セミナー】を開催いたしました、納豆連が!?

聴講者の募集に対して、定員オーバーの申し込みと言う有難い現実。
このセミナーも回を重ねる毎に認知され、人気が出て参りました!!
皆様、納豆の健康効果に興味があると見えます、有難うございます。

第1部は「東京農業大学醸造科学科・舘 博教授」によります『納豆から糖尿病予防の機能性成分であるジペプチドを発見』と題し、先生が研究の中で2型糖尿病の治療薬としてDipeptidyl peptidase 4阻害薬が開発され、定着
この度納豆が比較的強いDipeptidyl peptidase 4阻害物質発見され、その阻害物質としてLys-LueとLue-Argを同定された!という素晴らしい御講演でございました。

第2部は「筑波大学人文社会系 博士・石塚 修教授」によります『長寿を祈った食文化としての納豆汁』と題して、ご後援をいただきました。
納豆は、今のようにそのまま食べる形になったのは、ごく江戸時代に入ってからの新しい食べ方で、昔は「納豆汁」で食すのがごく当たり前だったのだと、卦の食事と思われがちな納豆が、実は『ハレの食事』だったのだと、先生の面白おかしい語り口調であっという間の80分でございました。

聴講者の皆様からもご好評をいただけたようで、有難いばかりでございます!!
まだまだ広がる納豆の効能に期待大であります!!

スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://dairikinatto.blog22.fc2.com/tb.php/2510-8e1c2ac1