思い出した!我が家の躾。 

昨日、我が家の子供たちが、夏休み上がりでなかなか寝る時間を元に戻せず、朝寝坊して困る!の書き込みをしたら、ある方から
「あなたの幼少期はどうだったのさ?」と突っ込みをFacebookでいただいた為に思い出した事がありました。

私、幼少期より朝起きるのが得意なお子様でござぁーました!
寝坊して遅刻した記憶がありません。
それもこれも、お袋さん(弊社会長)の躾のお陰でございましたなぁ~っと。

拙宅では、家長はもちろん親父!って事で、俺も姉貴も幼少期より休みの前日であろうが、夏休みであろうが、冬休みであろうが起きねばならぬ!という決まりがありました。

それはですね・・・
【家長である親父が仕事に出かける日には、親父が仕事に行く際には皆が起きて「行ってらっしゃい!」を言って送り出す。】
であります。これはいつ何時どんな時でも(風邪ひいたときだけは別)起きました。
その代わり、親父に「いってらっしゃい!」を言って、親父が出かけてさえしまえば二度寝OK!と言われておりました。
まぁー、一度起きてしまうと改めて二度寝ってなかなか出来なくて、そのまま起きましたが。

今考えると、これって凄い事だなぁ~・・・って、凄い躾をしていただいたのだなぁ~って感じております。

ですので、昔っから「親父は怖い存在!」っと擦り込まれておりました・・・実際怖かったしね、特にジャイアンツの負けた日なんかは!?


中学生にあがると、「小遣い欲しい!」、「自分で稼げ!」って事で、朝新聞配達をしておりましたので、今考えると小金持ちな子供でしたわ。
まぁ、「自分で稼いだ金なんだから自分で好きに使いなさい!」っと言われてはおりました。
月に3万円弱稼いでましたのでね。。
でも、姉貴曰く「仁はケチ!」な性格らしく、後先考えずに使い込む性格ではなく、貯めておりましたがね。
そんで、金が貯まると長岡行ったり、たまに東京とか出かけたりしてましたね~。
(あれ?校則違反か?・・・まぁ、時効って事で。)

ですので、私は昔っから親の躾と小遣い稼ぎの新聞配達のお陰さまで、早起きが得意な子供でありましたとさ。

・・・て事を、思い出したのでした!!

それだけです。

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://dairikinatto.blog22.fc2.com/tb.php/1731-913703de