鶴の一声 

鶴の一声をヒシヒシと感じました。

今までは、私的にはあんまりいい意味でとらえておりませんでした、この言葉。
なんかパワハラちっくな響きがあり、発せられた方はたまったもんじゃなかろうと。

そう言った側面もあるにはあるのだろうが、これを発する事が出来る方は極々限られた方だけなのだ!っと気付かされました。

自身の経験に裏打ちされた自信、自身が今までやって来たからこそ言える言葉なのだと。

力のある方しか発する事が出来ないのである。

伊達じゃないのだなぁ~(*^_^*)

勉強になりまっす。

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://dairikinatto.blog22.fc2.com/tb.php/1635-13f6542a