月別アーカイブ

 2017年11月 

11月のスタートは・・・ 

【長文となります、ご注意ください。】

本日、11月1日 株式会社大力納豆 に 新入社員が入社しました!

私の息子(長男)でございます。

彼の意志で入社してくれました!


振り返りますと・・・

私は、幼少の頃より「お前は、納豆屋の長男だぞ!納豆屋を継ぐんだぞ!!」っと口癖の様に言われて育ちました。
ですので、大体10歳頃に学校で書かされる「将来の夢」という作文にも夢を書いた事がございません。
『億万長者になりたい!』っと書きました(爆)

高校になっての選択授業も、私の受けたいものでなく親が決めたものになりました。
一番成績の良かった音楽の選択を希望しましたが、「納豆屋になるのに、音楽なんて関係ない!書道をやりなさい!!」って。

進学の時にも、その当時全く別方面に興味があったので、そちらの方面に行きたい!!っと願ったら即答で却下・・・「そんな事して納豆屋には関係ない!!」っと。
親の言われた大学を受験するも、能力足らずに不合格→専門学校へと進みました。

まぁ、今となれば心から感謝しておりますが(本当だよ!)、やはり幼少期に夢を見た事が無かったので、私の子供達には夢を見てもらいたい!っと、誰一人として「納豆屋の子供なんだから、納豆屋を継げ!」っとただの一度も言った事はありません。
ただの一度も。
でも、親の背中を見て誰か!?やるって言ってくれないかな~・・・っと考えてはおりました。
ですので、私は家で仕事の話はした事がありません。
仕事の話をする時は、良かった事・楽しかった事限定でしておりました!
「今日、うちの納豆を美味しいって買ってくれたお客さんが、また来てくれてね。」などなど
親が楽しそうに仕事してれば、誰か「やってみたい!!」っと思うかもしれないと考えておりました。

先に専門学校を卒業した娘が、2年生の時に「卒業後、大力納豆で働けないか?」っと言ってくれました!
嬉しかったな~♪
でも、「サラリーマンしてない人は、うちには入れない!!」っという理由で断りました。

長男も大学を卒業する時に「卒業後、大力納豆に入れてもらえないか?」っと言ってくれました!
これも嬉しかったです。
でも、長女と同じ理由でお断りしました。
「長男だから、家に入る!?なんて甘い考えなんじゃないだろうな?」って。
んで、一般企業に本人が決めて就職させていただきました。
早朝より、深夜まで本当にハードな会社だったようで、聞くにつけ「大変な思いをしてるな(汗)」とは思っておりました。
でも、それもよかろうと。

9月頭に、長男から連絡がありました!
「大力納豆では、人の募集をしてないか?」っと。
ちょうどタイミング的に人の募集をしようとしておりましたので、「これから募集しようと思ってる。」っと言ったら「俺を入れて下さい!」っと言われましたので、『よしっ!!』っとなりました。
お世話になってた会社からは、かなり強く慰留していただいたようですが、10月末日で退職しまして、本日より弊社勤務となりました。

まずは、びっちりと製造場に入って、製造を憶えていただきます。

まだ、海のもんとも山のもんとも、使えるのかどうか!?甚だ疑問ではありますが、取りあえず親として嬉しい11月の1日スタートとなりました。

頑張っていただきましょう!!

頑張れ~!(口では言わないが、心で応援してます)

スポンサーサイト